メールマガジン登録
寄付はこちらから
壁紙一覧


wind-designとは
昔から風は神の息と言われてきました。また聖霊(神の霊)は風とも言われています。
聖霊は吹きたいところを吹きます。
WIND DESIGNは風の吹くまま、知恵の宝庫であり、祝福のもとである聖書に書かれている言葉を紹介・配信するサイトです。
全て必要なことは聖書の中に書いてあります。
「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネ8:32

どこの宗派にも属さず、宗教という形式ではなく、自由でのびのびとした視点で解説しています。
どうぞ、配信登録されて、祝福を受け取ってください。
(ものみの塔・モルモン教・統一原理とは無関係です)
toppegeへ
rss
自分の敵を愛しなさい
2018年6月22日

「男は外に出たら7人の敵がいる」と昔は言った。

女はどうだろう。

バリバリに働く女性を見ていると、その何倍もの敵に直面しつつ、戦わずに勝利を重ねているような印象を受ける。

敵が現れたとき、どうするかの選択はいくつかある。

逃げる。

立ち向かう。

策略をめぐらす。

「やられたらやり返せ」「リベンジ」「十倍返し」などという言葉も、よく聞くし、実際にそういう態度をとる人もいるだろう。

ところが、聖書は驚くべきアドバイスをしている。

自分の敵を愛しなさい、と。

しかも、心の中で思うだけではなく、実際に敵に対して、よいことをしなさい、不義に対して親切で返せ。

面白いことに、それは実は敵のためではなく。

そうすることで、あなたがすばらしい報いをうけることになる、と約束している。

成功している女性たちは、無意識のうちにこの作戦をとっているのかもしれない。

無礼なことをされても言われても、笑顔でにこやかに対応し、仕返しをせず、敵よりずっと高いところを目指す。

そして、しなやかに敵を乗り越えていく。

ただ、自分の敵を愛しなさい。
彼らによくしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。
そうすれば、あなたがたの受ける報いはすばらしく、あなたがたは、いと高き方の子どもになれます。

なぜなら、いと高き方は、恩知らずの悪人にも、あわれみ深いからです。

But love your enemies, do good, and lend, hoping for nothing in return; and your reward will be great, and you will be sons of the Most High. For He is kind to the unthankful and evil.
Luke 6:35

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子

身を慎み、目をさましていなさい
2018年6月15日

いまは、仕事もうまくいっている。

パートナーとも問題がない。

子どもたちも健全に成長している。

なんの心配もない、と油断してはいけない。

取引先の企業が倒産するかもしれない、パートナーは離婚を考えているかもしれない、子どもは学校でいじめられているかもしれない。

いまは大丈夫に見えても、明日、それが起こるかもしれない。

危機はいつも、紙一重のすぐそこにある。

だから私たちは、いつも目をさまして、油断しないで、自分を、仕事を、家族を、友人に気を配っていよう。

油断しないで、危機を避けられるように、危機が起こったときに対処できる知恵が与えられるように、天に求めよう。

身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。

Be sober, be vigilant; because your adversary the devil walks about like a roaring lion, seeking whom he may devour.
I Peter 5:8

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子

世を愛してはいけない
2018年6月 8日

日本人の特性をひと言で表すとしたら、何だろう。

私は「勤勉」が思いうかぶ。

日本人の勤勉さは世界でも高く評価されている。

人々は長時間真面目に働き、街は清潔で、電車は時刻表通りに到着し、今日注文した品物が翌日には手元に届き、子どもたちはよく勉強する。

コンビニの店員さんたちは礼儀正しく、仕事が手際良い。

本当にすばらしい国、国民だ。

ところが勤勉が命取りになることもある。

私は何人かの友人を、40代50代で亡くした。

それぞれ違う病気だったが、共通していたのは、ものすごい働き者だったということだ。

お金のためではなく、崇高な仕事の目的のために、24/7 (トゥウェンティフォー・セブン)、週7日、1日24時間働いていた。

輝いていたし周りの人たちから尊敬されていた。

しかし病を得て、若くして亡くなった。

最近、昼夜なく働いていた友人が脳梗塞で倒れ、心配している。

世界中の富を手に入れても、崇高な仕事を達成しても、代わりに自分の命を亡くしたら、どんな意味があるだろう。

あなたには大切な家族もいる。

自分の健康を過信してはいけない。

聖書は、週のうち1日は完全な休息をとりなさい、と勧めている。

それは、自分の命を滅ぼしてしまわず、豊かに仕事をして豊かに暮らすための、天からの深い知恵だ。

人は、たとい全世界を手に入れても、自分自身を失い、損じたら、何の得がありましょう。

For what profit is it to a man if he gains the whole world, and is himself destroyed or lost? Luke 9:25

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子

豊かに仕事をして豊かに暮らす
2018年6月 1日

日本人の特性をひと言で表すとしたら、何だろう。

私は「勤勉」が思いうかぶ。

日本人の勤勉さは世界でも高く評価されている。

人々は長時間真面目に働き、街は清潔で、電車は時刻表通りに到着し、今日注文した品物が翌日には手元に届き、子どもたちはよく勉強する。

コンビニの店員さんたちは礼儀正しく、仕事が手際良い。

本当にすばらしい国、国民だ。

ところが勤勉が命取りになることもある。

私は何人かの友人を、40代50代で亡くした。

それぞれ違う病気だったが、共通していたのは、ものすごい働き者だったということだ。

お金のためではなく、崇高な仕事の目的のために、24/7 (トゥウェンティフォー・セブン)、週7日、1日24時間働いていた。

輝いていたし周りの人たちから尊敬されていた。

しかし病を得て、若くして亡くなった。

最近、昼夜なく働いていた友人が脳梗塞で倒れ、心配している。

世界中の富を手に入れても、崇高な仕事を達成しても、代わりに自分の命を亡くしたら、どんな意味があるだろう。

あなたには大切な家族もいる。

自分の健康を過信してはいけない。

聖書は、週のうち1日は完全な休息をとりなさい、と勧めている。

それは、自分の命を滅ぼしてしまわず、豊かに仕事をして豊かに暮らすための、天からの深い知恵だ。

人は、たとい全世界を手に入れても、自分自身を失い、損じたら、何の得がありましょう。

For what profit is it to a man if he gains the whole world, and is himself destroyed or lost? Luke 9:25

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子

お金への愛が、すべての悪の根だ
2018年5月18日

自分の心を観察してみよう。

何をか決断するとき、良いことと悪いことの間で、いつも綱引きが行なわれているのが見えるはずだ。

認めたくないが、心の中には「悪」が住み着いている。

綱引きで悪が勝つと、誘惑に負けて悪い方を選んでしまう。

ダイエット中なのにスウィーツを食べてしまう。

医者に止められているのに酒を飲んでしまう。

公職にあるのに賄賂を受け取ってしまう。

国の重大機密をもらしてしまう。

「私を誘惑にあわせず、悪から救ってください」と祈るのはそのためだ。

心には悪の根がひそんでいる。

聖書は「お金への愛が、すべての悪の根だ」と断言している。

「Love for Money」。

金を愛するとは、金にこそ力がある、金があればすべてがうまくいく、金があれば幸せになる、と金のパワーを過大評価することだ。

FPの仕事をしていると、一生使い切れないお金を持っていても、幸せや平安を感じられない人たちに出会う。

面白いことに、資産額が大きい人ほど、お金の不安が大きい傾向がある。

その人たちが本当に大切なものを見出して、お金をツールとして認識すると、その不安から自由になり、富を本当に楽しむことができる。

裕福になればなるほど、お金を愛する傾向が強くなる。

気をつけよう。

金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。

For the love of money is a root of all kinds of evil.  1Timothy 6:10

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子