メールマガジン登録
寄付はこちらから
寄付はこちらから
壁紙一覧


wind-designとは
昔から風は神の息と言われてきました。また聖霊(神の霊)は風とも言われています。
聖霊は吹きたいところを吹きます。
WIND DESIGNは風の吹くまま、知恵の宝庫であり、祝福のもとである聖書に書かれている言葉を紹介・配信するサイトです。
全て必要なことは聖書の中に書いてあります。
「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネ8:32

どこの宗派にも属さず、宗教という形式ではなく、自由でのびのびとした視点で解説しています。
どうぞ、配信登録されて、祝福を受け取ってください。
(ものみの塔・モルモン教・統一原理とは無関係です)
toppegeへ
rss
いま、神に何を求めるか
2011年10月 6日
いま、神があなたの目の前に現れました。そしてこう尋ねます。

「私に与えて欲しいと思うものを、何でも求めなさい。」

あなたは神に何と答えるでしょうか?

この問いにすぐに答えられる準備ができているでしょうか?

イスラエルの国王ソロモン。

約3000年前に生きたこの男こそ、神の究極とも言える問いを尋ねられた人物です。

彼は若くして父親であるダビデの跡を継ぎ、イスラエルの三代目の王となりました。

父ダビデは極めて偉大な王でした。

神に心から従い、神にも民にも愛されて、強大な王国の礎を築きました。

幼い息子が、その大きすぎる父の背中と自分を較べて落胆したことは一度や二度ではなかったでしょう。

ソロモンは王となった当初、自分がまだまだ未熟な者であり、大勢の民を率いる器であるとは言い難いことを痛感していました。

ソロモンは神の問いにこう答えました。


わが神、主よ。
今、あなたは私の父ダビデに代わって、このしもべを王とされました。
しかし、私は小さい子どもで、出入りするすべを知りません。
そのうえ、しもべは、あなたの選んだあなたの民の中におります。
しかも、彼らはあまりにも多くて、数えることも調べることもできないほど、おびただしい民です。
善悪を判断してあなたの民をさばくために聞き分ける心をしもべに与えてください。
さもなければ、だれに、このおびただしいあなたの民をさばくことができるでしょうか。
(1列王記3:7-9)



ソロモンは自分の至らなさを知り、国王として何が求められているかを知っていました。

この願いは神の御心にかなったものとなり、現実となりました。


神は、ソロモンに非常に豊かな知恵と英知と、海辺の砂浜のように広い心とを与えられた。
(1列王記4:29)



知恵を得たソロモン王とその後のイスラエル王国の栄華が、とてつもないものとなったことが聖書に記されています。

ソロモンの願いは、自分のためではなく、他の人のため、社会全体のためのものでした。

彼が願うところは、自分の財産や地位などではなく、イスラエル王国とその民のさらなる繁栄のためであったのです。

この点に、大いに学ぶことができます。

「私に与えて欲しいと思うものを、何でも求めなさい。」

世界中の金銀財宝に不老不死のからだ...。

私たちはついそんなものを求めてしまいそうです。

しかしソロモンはそうではありませんでした。

自分のことよりも神の王国とその民を第一に考えました。

神はその願いを叶えたばかりか、こうも約束しました。


「そのうえ、あなたの願わなかったもの、富と誉れとをあなたに与える。」
(1列王記3:13)



結局ソロモンは、誰よりも豊かな知恵を得た上に、富と誉れをも与えられたのです。

これは注目すべき神の偉大な約束です。

あなたは何を神に求めますか?

自分のためではなく、他の人のために。

小さなことではなく、偉大な目的のために。

そして神のために。

あなたが願い、世に成したいことは何でしょうか。

神はいま、私たち自身に語りかけています。

「私に与えて欲しいと思うものを、何でも求めなさい。」

富や誉れは願わずとも与えられます。

あなたは、神に何と答えますか?


わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。
(ルカ11:9)




国際ナビゲーター
鈴木 陽一