メールマガジン登録
寄付はこちらから
壁紙一覧


wind-designとは
昔から風は神の息と言われてきました。また聖霊(神の霊)は風とも言われています。
聖霊は吹きたいところを吹きます。
WIND DESIGNは風の吹くまま、知恵の宝庫であり、祝福のもとである聖書に書かれている言葉を紹介・配信するサイトです。
全て必要なことは聖書の中に書いてあります。
「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネ8:32

どこの宗派にも属さず、宗教という形式ではなく、自由でのびのびとした視点で解説しています。
どうぞ、配信登録されて、祝福を受け取ってください。
(ものみの塔・モルモン教・統一原理とは無関係です)
toppegeへ
rss
私の内に神の霊がある
2018年5月 2日

プライドに気をつけよう。

何かについてプライドを持つことは、同じことに劣等感を持つことだから。

日本で最高の大学で学んだことにプライドを持つ人は、世界で最高の大学院を卒業した人に劣等感を持ってしまう。

大企業に勤めていることにプライドを持っていると、失職したときに劣等感から自殺する人もある。

自分の姿形が美しいことにプライドを持っていると、それが衰えることに劣等感を感じ、歳を重ねることを不幸に感じるようになる。

聖書は、人はそれぞれ使命を果たすべく、目的を持って創られたといっているが、それだけではない。

それを果たすために、神から「霊」をもらっているとある。

自分の中にそれがあれば、自分を誰かと比較して、プライドを持ったり劣等感を感じる必要がないことがわかる。

私は私。

私の内に神の霊がある。

それだけで十分だ。

そこに平安があり、そこから愛が湧いてくる。

私であることの静かな自信がそこにあり、人のために世界のために生きて働く力が湧き出てくる。

神は私たちに御霊を与えてくださいました。

それによって、私たちが神のうちにおり、神も私たちのうちにおられることがわかります。

By this we know that we abide in Him, and He in us, because He has given us of His Spirit.
I John 4:13

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子