メールマガジン登録
寄付はこちらから
壁紙一覧


wind-designとは
昔から風は神の息と言われてきました。また聖霊(神の霊)は風とも言われています。
聖霊は吹きたいところを吹きます。
WIND DESIGNは風の吹くまま、知恵の宝庫であり、祝福のもとである聖書に書かれている言葉を紹介・配信するサイトです。
全て必要なことは聖書の中に書いてあります。
「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネ8:32

どこの宗派にも属さず、宗教という形式ではなく、自由でのびのびとした視点で解説しています。
どうぞ、配信登録されて、祝福を受け取ってください。
(ものみの塔・モルモン教・統一原理とは無関係です)
toppegeへ
rss
生きるために変わる 新しいことを受け入れる
2018年8月17日

最近、公立の小学校を見学する機会があって、びっくりしている。

昭和の時から変わっていない。

昔のままの授業!運動会!タイムスリップしたようだった。

2011年から数年間アメリカで生活し、小中学校、高校の授業を見学した。

大学の授業を聴講し、現地の大学生に1年間日本語を教えた。

先生はスライド(パワーポイントなど)を準備して授業にのぞむ。

親と学校の連絡はネットを介し、子の成績は学校専用ソフトウェアでリアルタイムで閲覧する。

高校、大学の宿題はオンラインで提出。

遠方に住む学生同士がネットを駆使して共同の作品を作成、オンライン上でアンケートをとり、発表し、評価し合う。

保護者とのコミュニケーションに、スマホの専用アプリ"dojo"を使う小学校の先生もいた。

帰国した娘は、学校で黒板を使っていることに驚き、私は学校からの連絡が紙のプリントでくるのに困り果てた。

日本の教育現場は「新しいこと」を受け入れるのが苦手なのかもしれない。

だが教育が遅れていると、児童生徒がビジネスパーソンになったときに、世界に追いつくのは難しい。

深刻な問題だ。

神はクリエイティブだ。

無から宇宙を創造し、地球や生物を創造し、人間を創造した。

そして常に、新しいことをし続けている。

真のクリエイター。

創世記に、人は神に似せて造られたとある。

であれば、私たちもクリエイティブであるはず。

同じことを同じように何十年も繰り返すのは間違いだ。

生きていくには変化を受け入れ、自分自身が変化していく。

日本の将来のために教育現場を変えなくては!

天にならって。

先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。 
イザヤ書 43:18-19

Look, I will do a new thing, Now it shall spring forth; Shall you not know it? I will even make a road in the wilderness And rivers in the desert.
Isaiah 43:18-19

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子

もうだめだと思ってたときに
2018年8月10日

これ以上頑張れない。

もう無理だ。

お手上げだ。

と思ったことが何回あるだろう。

10代の頃もあった、20代はもっと大変だった。

30代でもっと重いことが襲いかかってきた。

40代ではほとんど諦めかけた。

学校でいじめられ、就職に失敗し、事業が行き詰まり、大切な人が亡くなり、愛する人と別れ... でも、振り返ると、いままで生き延びてきている。

誰かが励ましてくれ、思わぬところから助けが現れ、運にも救われた。

そしていつの間にか自分も強くなり、やさしくなっていた。

聖書はいう。

あなたがいま経験している大変さ、人生の試練は、誰かが経験して、そして乗り越えたものだ。

天は、あなたに耐えられない試練は与えない。

それだけじゃない。

必ずそこから脱出する方法、がある。

それを見つけなさい。 

試練はただ、がまんすべきものじゃない。

理不尽な長時間労働で過労死していいはずがない。

諦めずに脱出路を見つける。

必ず備えられていると、約束されているから。

そして、試練から抜け出したあなたは、より成熟し、より王にふさわしい者になっている。

あなたがたのあった試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。 
コリント人への手紙 第一 10:13

No temptation has overtaken you except such as is common to man; but God is faithful, who will not allow you to be tempted beyond what you are able, but with the temptation will also make the way of escape, that you may be able to bear it.
I Corinthians 10:13

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子

王は簡単に怒らない
2018年8月 3日

奴隷マインドと王様マインドの違いのひとつは、感情の表出のコントロールだ。

耳がふたつあり、口がひとつしかないのは、話す量の二倍を聞く必要があるから、とはよく言われる。

コンサルティングで、いちばん大切なのは聞くことだ。

表面的にではなく、心から耳を傾ける。

語られない言葉も汲みとる。

職場で、クライアントの話を熱心に聞くだけでは足りない。

もっと大切なのは、部下の話に耳を傾けること。

すぐに指示をしたくなる気持ちを抑えて。

家庭では忠告せずに、妻の/夫の話を聞く。

子どもの話を聞く。

本当に話を聞いたら、相手の立場がわかり、事情がわかり、痛みがわかり「すぐに怒る」「どなる」ことがなくなる。

「怒るに遅い」というのは、実は神の性質のひとつで、王は天にならっている。

その神が怒る場面が聖書にある。

おそろしい。

でもよく読むと、その怒りは人を深く愛しているからであり、間違った行いを深く悲しむことから来ていることがわかる。

奴隷は自分のことだけで精一杯だから、すぐに怒る。

嫌な雰囲気を作り出し、自分が惨めになってしまう。

あなたはよく聞いていますか。

安易に怒っていませんか。

怒る時は、天にならい、王として、愛を持って叱ろう。

愛する兄弟たち。あなたがたはそのことを知っているのです。しかし、だれでも、聞くには早く、語るにはおそく、怒るにはおそいようにしなさい。 
ヤコブの手紙 1:19

So then, my beloved brethren, let every man be swift to hear, slow to speak, slow to anger.
James 1:19

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子

自分の弱さを知って認める
2018年7月27日

「私は弱いけど、強い」「僕は弱いけど、強い」という広告を銀行の店頭で見かけた。

テレビ広告も流れていたらしい。

平昌冬季オリンピック、パラリンピックに励まされて、ふつうの平凡な若者が目覚めてがんばる、というすがすがしく励まされる内容だった。

でも、このフレーズ、どこかで読んだことがあるなぁ。

新約聖書でパウロが書いた手紙の一節だ。

「わたしは、弱いときにこそ強いからです」

真に強い人、本当のリーダー、本物の王は自分の弱さを知っている。

謙虚にそれを認めるからこそ、その弱さを、家族、友人、仕事の仲間や部下にカバーしてもらい、それによって強さを保ち、強さを増すことができる。

自分ができること、人間ができることの限界を知っているので、それを認めて、王の王である神、創造主に頼ることができる。

これが真の王様マインドだ。

そこに至った時、思いもかけなかったドアが開かれて光が差してくる。

私はアメリカで暮らした時、最初の職を1年で失うことになった。

原因は学歴と英語力。

自分ではどうしようもできない。

自分の無力を自覚し、王の王に頼るしかなかった。

ところが数ヶ月後、以前よりもずっと条件のいい仕事が決まって収入も上がった。

英語が苦手なことが、その仕事では利点になった。

それまでで最高に楽しい仕事になった。

あなたの弱さはなんですか?自分の弱さを認め、その弱さに感謝しよう。

それがあなたの強さになる。
 

わたしは弱いときにこそ強いからです。
コリント信徒への手紙Ⅱ 12:10

For when I am weak, then I am strong.
ⅡCorinthians 12:10

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子

もし、すべての願いがかなったら
2018年7月20日

先日、電車の中で「あなたの願いがすべてかなう方法」という本の広告を見た。

この本に書いてあるとおりにすると、あなたの願いが全部かないます。

とは、よくよく考えたらおそろしい。

10歳の子どもを考えてみよう。

この子の望みがすべてかなったらどうなるだろう。

食事はすべて好物ばかり、毎日ピザとハンバーグとアイスクリーム。

学校は行かなくていい。

勉強しなくていい。

朝は起きなくていい。

夜はいつまでも起きてていい。

1日何時間でもスマホでゲームをしていい。

運動しなくていい。

お手伝いもしなくていい。

お父さんもお母さんも何をしても叱らない。

嫌な先生や友達は消えてしまう? 

願いがすべてかなったら、早晩、本人が破滅してしまう。

40歳の大人だって10歳の子とたいして変わらない。

世界は狭く、自己中心で、思慮浅く、自分のこと、今のことだけしか考えられない。

過去を振り返ってみると、思い通りにならなったこと、苦しかったこと、失敗したこと、それを乗り越えたことが、今の自分にとってよい結果をもたらしている、ということがたくさんあるはずだ。

大失恋をして死のうと思ったが、その後でもっとすばらしい人に巡り合って結婚をしたとか。

天は、私たちの思いをはるかに超えている。

私たちが望むよりもはるかによいものを、私たちが考えるのとは違うタイミングで与えてくれる。

だから、今、望み通りのことが起こらなくても、いや、思い通りにならないからこそ、将来に大きな期待と希望を持つことができる。

それがあなたの力になる。

どうか、私たちのうちに働く力によって、私たちの願うところ、思うところのすべてを越えて豊かに施すことのできる方に。 
エペソ人への手紙 3:20

Now to Him who is able to do exceedingly abundantly above all that we ask or think, according to the power that works in us, to Him be glory in the church by Christ Jesus to all generations, forever and ever. Amen.
Ephesians 3:20

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子