メールマガジン登録
寄付はこちらから
壁紙一覧


wind-designとは
昔から風は神の息と言われてきました。また聖霊(神の霊)は風とも言われています。
聖霊は吹きたいところを吹きます。
WIND DESIGNは風の吹くまま、知恵の宝庫であり、祝福のもとである聖書に書かれている言葉を紹介・配信するサイトです。
全て必要なことは聖書の中に書いてあります。
「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネ8:32

どこの宗派にも属さず、宗教という形式ではなく、自由でのびのびとした視点で解説しています。
どうぞ、配信登録されて、祝福を受け取ってください。
(ものみの塔・モルモン教・統一原理とは無関係です)
toppegeへ
rss
生きるために変わる 新しいことを受け入れる
2018年8月17日

最近、公立の小学校を見学する機会があって、びっくりしている。

昭和の時から変わっていない。

昔のままの授業!運動会!タイムスリップしたようだった。

2011年から数年間アメリカで生活し、小中学校、高校の授業を見学した。

大学の授業を聴講し、現地の大学生に1年間日本語を教えた。

先生はスライド(パワーポイントなど)を準備して授業にのぞむ。

親と学校の連絡はネットを介し、子の成績は学校専用ソフトウェアでリアルタイムで閲覧する。

高校、大学の宿題はオンラインで提出。

遠方に住む学生同士がネットを駆使して共同の作品を作成、オンライン上でアンケートをとり、発表し、評価し合う。

保護者とのコミュニケーションに、スマホの専用アプリ"dojo"を使う小学校の先生もいた。

帰国した娘は、学校で黒板を使っていることに驚き、私は学校からの連絡が紙のプリントでくるのに困り果てた。

日本の教育現場は「新しいこと」を受け入れるのが苦手なのかもしれない。

だが教育が遅れていると、児童生徒がビジネスパーソンになったときに、世界に追いつくのは難しい。

深刻な問題だ。

神はクリエイティブだ。

無から宇宙を創造し、地球や生物を創造し、人間を創造した。

そして常に、新しいことをし続けている。

真のクリエイター。

創世記に、人は神に似せて造られたとある。

であれば、私たちもクリエイティブであるはず。

同じことを同じように何十年も繰り返すのは間違いだ。

生きていくには変化を受け入れ、自分自身が変化していく。

日本の将来のために教育現場を変えなくては!

天にならって。

先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。 
イザヤ書 43:18-19

Look, I will do a new thing, Now it shall spring forth; Shall you not know it? I will even make a road in the wilderness And rivers in the desert.
Isaiah 43:18-19

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子