メールマガジン登録
寄付はこちらから
壁紙一覧


wind-designとは
昔から風は神の息と言われてきました。また聖霊(神の霊)は風とも言われています。
聖霊は吹きたいところを吹きます。
WIND DESIGNは風の吹くまま、知恵の宝庫であり、祝福のもとである聖書に書かれている言葉を紹介・配信するサイトです。
全て必要なことは聖書の中に書いてあります。
「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネ8:32

どこの宗派にも属さず、宗教という形式ではなく、自由でのびのびとした視点で解説しています。
どうぞ、配信登録されて、祝福を受け取ってください。
(ものみの塔・モルモン教・統一原理とは無関係です)
toppegeへ
rss
死んだらどうなる
2018年11月 9日

(前回に引き続き、「死ぬこと」について考える)

人は死を恐れる一方で、死にあこがれる人たちがいる。

死が怖いいちばんの理由は、死んだらどうなるかわからないから。

ある人は小さい頃から「悪いことしたら、死んで虫に生まれ変わるよ」と親から言われ続け、いまもそれが怖いと言っていた。

死んだら何もない、無になると考える人もいるが、「無になる」のは多くの人にとって恐ろしいことだ。

死にたいと願う人たちは、死んだら楽になる、いまの苦しみから解放されると信じている。

しかし実のところ、その保証はどこにもない。

もし、そうでなかったら...

聖書はなんといっているだろう。

死とは「霊が肉体を離れる」ことで、人は「一度死ぬこと」

「死んだ後で、神の前に立って裁きを受けること」が決まっているとある。

とてもクリアだ。

人はだれでも罪を犯してしまうので、全員有罪。

ところが「罪を悔い改めて」
「神を信じたら」罪は洗われて、潔白になり、無罪判決を受ける。

すると、永遠の命を受け取り、苦しみも涙もない新しい人生を送ることができる。

初めて聞くと、にわかには信じがたい。

でも考えてみる価値はある。

そして、自分は「死」について、「死んだらどうなるか」について、
どうとらえているのか、じっくりと考えてみたい。

私が尊敬するジャーナリスト、
千葉敦子さんは「よく生きることは、よく死ぬことだ」とは言った。

死を考えることなくして、生きること、
よい人生をおくることを実現することはできない。

今日、このことについて最低1時間考えてみることをお勧めしたい。

そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている(ように) 
ヘブル人への手紙 9:27
'And as it is appointed for men to die once, but after this the judgment, '
Hebrews 9:27

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子