メールマガジン登録
寄付はこちらから
壁紙一覧


wind-designとは
昔から風は神の息と言われてきました。また聖霊(神の霊)は風とも言われています。
聖霊は吹きたいところを吹きます。
WIND DESIGNは風の吹くまま、知恵の宝庫であり、祝福のもとである聖書に書かれている言葉を紹介・配信するサイトです。
全て必要なことは聖書の中に書いてあります。
「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネ8:32

どこの宗派にも属さず、宗教という形式ではなく、自由でのびのびとした視点で解説しています。
どうぞ、配信登録されて、祝福を受け取ってください。
(ものみの塔・モルモン教・統一原理とは無関係です)
toppegeへ
rss
自分の得意に特化する
2018年12月14日

大学で経済学を勉強したとき、なるほど、と感心したのが
「特化」という考え方だ。

18世紀の経済学・社会科学の父、アダム・スミスが最初に唱えたと教わった。

自給自足をめざすより、自分の得意なことに集中して、それを売り、苦手なものを買うほうが、豊かになるという考え方。

自給自足だと、自分で畑を耕して食糧をつくり、家畜を飼って、
肉やミルクや毛皮を得、服を(布から)つくらなくちゃいけない。

考えるだけでも大変。

でも、あなたが野菜をつくる天才だったとしよう。

とびきり美味しい野菜を、人の2倍つくれる。

おとなりは家畜を育てる天才で、とびきりおいしい牛肉、おいしいミルクを普通の人の2倍つくれる。

だったらあなたは野菜をつくることに専念して、おとなりは家畜を育てることに専念して、野菜と肉を交換すればいい。

服作りが好きな人は服作りに特化する。

聖書では、人がさまざまな個性を持って生まれ、得意や不得意や、好きや嫌いがあるのは神の計画で、人が自分の能力を生かしてモノやサービスを作り、
それを交易することで、豊かになれると教える。

交易の仲介をするのがお金

イスラエルの12部族(ヤコブの12人の息子たち)は、それぞれ違う役割を与えられ、互いに助け合い補い合うように命じられた。

つまり3500年前から「特化」を実行していた。

ところが日本の学校や社会は、どっちかというと、人の苦手な部分に注目し、「あなたのここを、なんとかしなくちゃ」と助言しがちだ。

試験勉強も苦手教科の克服がカギ。

会社はスペシャリストよりジェネラリストを育てたがる。

それよりは、得意を伸ばして、苦手を助けてくれる人たちとチームを組む
という聖書方式が、なんだか伸び伸びできて、楽しそうだ。

こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるため(だ) 
エペソ人への手紙 4:11-12

'And He Himself gave some to be apostles, some prophets, some evangelists, and some pastors and teachers, for the equipping of the saints for the work of ministry, for the edifying of the body of Christ '
Ephesians 4:11-12

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子