メールマガジン登録
寄付はこちらから
壁紙一覧


wind-designとは
昔から風は神の息と言われてきました。また聖霊(神の霊)は風とも言われています。
聖霊は吹きたいところを吹きます。
WIND DESIGNは風の吹くまま、知恵の宝庫であり、祝福のもとである聖書に書かれている言葉を紹介・配信するサイトです。
全て必要なことは聖書の中に書いてあります。
「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネ8:32

どこの宗派にも属さず、宗教という形式ではなく、自由でのびのびとした視点で解説しています。
どうぞ、配信登録されて、祝福を受け取ってください。
(ものみの塔・モルモン教・統一原理とは無関係です)
toppegeへ
rss
進化論にはリスクがある(3)倒れた時にどう立ち上がる
2019年3月29日

「自分は、偶然に生まれた命、単細胞生物が環境によって進化した結果だ」
と考えるとき、人は自分の価値や生きる意味を見出すのは難しい。

この前提だと「生きている間に、できるだけ楽しく過ごそう」と考えて当然だろう。

「そのためには金儲けしなきゃいけない」
「そのためにはいい学校に行かなきゃいけない」
「そのためには塾で朝から勉強しなくちゃいけない」
という人生設計になりがちだ。

お金と楽しみを得るために手段を選ばない人も出てくる。

成功とは...
・自分が楽しく楽に生きること
・そのためにたくさん金を稼ぐこと
・美しくなってまわりにチヤホヤされること
という考えに帰結するのが自然だろう。

親は我が子に、楽しい/できるだけ苦労しない人生を送らせたいと願い
「そのためには高収入の仕事」
「そのためにはよい大学」
「そのためには小学生のうちから勉強、勉強」
と考えてレールを敷く。

多くの場合、それは子に苦労をさせたくないという親の不安からである。

でも、人生は予定通りにいかないものである。

勉強が苦手だったり、受験に失敗したり、失恋したり、病気や事故にあったり、人間関係が破綻したり、失業したりする。

そのときに立ち直る原動力は、どこから来るだろう。

聖書は、人にはひとりひとり神から使命が与えられていると宣言している。

神と人に愛されていること、
人生には自分しか果たせない目的がある
という2つを知れば、倒れても立ち上がれる。

使命を果たすために、この困難は乗り越えられるはず、
と信じられれば、自分でも気づかなかった力があふれてくる。

わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ。――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。
エレミヤ書29:11

For I know the thoughts that I think toward you, says the Lord , thoughts of peace and not of evil, to give you a future and a hope.
Jeremiah 29:11 NKJV

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子