メールマガジン登録
寄付はこちらから
壁紙一覧


wind-designとは
昔から風は神の息と言われてきました。また聖霊(神の霊)は風とも言われています。
聖霊は吹きたいところを吹きます。
WIND DESIGNは風の吹くまま、知恵の宝庫であり、祝福のもとである聖書に書かれている言葉を紹介・配信するサイトです。
全て必要なことは聖書の中に書いてあります。
「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネ8:32

どこの宗派にも属さず、宗教という形式ではなく、自由でのびのびとした視点で解説しています。
どうぞ、配信登録されて、祝福を受け取ってください。
(ものみの塔・モルモン教・統一原理とは無関係です)
toppegeへ
rss
生きる目的を見つける 永遠の視点から
2019年4月 5日

聖書によると、約2000年前、
イエスという人は自分が十字架に架けられて苦しい死に方をすることを予め知っていた。

しかし、それを自分の使命だと信じて、抵抗せず従順に死の刑罰を受けたとある。

そのすぐ後に啓示を受けて、イエスの教えを広めるためにヨーロッパで働いたパウロも、働きの最後に喜んで処刑されたと伝えられる。

なんで、そんなことができるのか。

いくつもの理由が考えられるが、ひとつはこれ。

イエスもパウロも「永遠」を見ていた。

この世で生を受けて死ぬまでの数十年、長くても100年余りの人生ではなくて、
その後にある「永遠」と「永遠の命」を見ていた。

永遠とは、今と同じ時間がずーっと続くのではなく、
時間が存在しないこと、と聞いたことがある。

初めも終わりもなく存在し続ける、想像を超える別次元の世界だ。

時間の制約があるこの世で自分の使命を果たすと、永遠の世界へシフトできる。

そこには「涙も苦しみもない」と聖書に描写されている。

永遠の視点から見ると、いまの苦労や苦しみは取るに足らない。

おまけに、使命には、それを果たすための力、苦労や試練を乗り越える力がセットされて与えられるという。

もうだめだ、と絶望した時に
「いや、私にはこれを乗り切って使命を果たす力が与えられている。何かしら道があるはずだ」と気持ちを切り替えらえれば、人生は変わる。

といっても苦労がなくなるわけではない。

必ず添付されている。

まず、自分に与えられた使命を知ること。

そしてつかみとる。

永遠の視点で見ながら。

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。人は、神が行なわれるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。
伝道者の書 3:11

'He has made everything beautiful in its time. Also He has put eternity in their hearts, except that no one can find out the work that God does from beginning to end.'
Ecclesiastes 3:11

アルファアンドアソシエイツ 中村 芳子